撥水加工と防止加工の特徴を知り用途によって使い分けよう

基板

撥水加工は様々な製品に使われています

工場

撥水コーティングを施す事で水に強くなるだけでなく、メンテナンスも楽になります。ですので、現在では様々な製品で撥水コーティングがみられるようになっています。定番のものとしては傘が挙げられます。ビニール傘以外の多くの雨傘はポリエステルやナイロンなどの繊維で織られた布を素材にしていて、そのままではある程度水が染みます。そうした布の表面に撥水加工を施して、水を弾くようにしているのです。また衣服にも撥水加工されているものは多く、アウターや靴など雨の影響を受けやすいアイテムに使用されているケースが目立ちます。レインコートなど撥水加工された物より防水性の高いアイテムもありますが、通気性が無く着心地が悪いので普段使いには向きません。その点撥水加工は通気性が良く着心地も普通の衣服と変わらないので日常着にも向いています。衣服以外では、家具にも撥水性のある製品が出てきていて、特に食べ物によって汚れやすいテーブルクロスやソファなどでは、小さい子供のいる世帯を中心に人気が高くなっています。その他にも車の窓ガラスに撥水加工を施すケースがあります。自動車は元々防水性のある乗り物ですが、撥水性を持たせることで窓に付着する雨水を素早く落とす事が出来るようになり、運転中の視界不良を最小限に抑えることが出来るようになります。また汚れ自体も落ちやすくなるので、洗車などのメンテナンスの手間が少なくて済むというメリットがあります。

撥水加工の効果や特徴について知ろう

昨今では様々な製品に撥水加工がなされています。撥水加工というのは、簡単にいうと水を弾く機能を製品に付けることです。撥水加工がされている代表的な製品は、スノーウェアや晴雨兼用の日傘をはじめ、ダウンコートなどの衣服などがあります。撥水加工をしていない衣類であれば、雨や雪の日にぬれて染み込んでくるのを防ぐことが出来ます。そのため、天気の悪い日でも安心してコートを着用が出来ます。晴雨兼用の日傘も最近ではよく目にします。晴雨兼用の日傘には撥水加工がされていますので、夏の厳しい日差しを遮るだけでなく、急な雨にも対応ができて雨傘を持ち歩く必要がありません。また、撥水加工の特徴として、水や油分を弾きますが、空気や熱は通すため通気性が保たれて蒸れにくいです。また撥水加工により汚れにくく、防汚効果が高いのも特徴です。元々撥水加工がされていない衣類にもクリーニングなどを利用すれば、撥水加工をしてもらえることがあります。特に濡らしたくない衣類がある場合は、撥水加工を依頼すると良いでしょう。また撥水加工というのは、繰り返し洗濯することで効果が薄れる場合もあります。撥水スプレーなどを利用して定期的にメンテナンスをして撥水効果を持続させるのもポイントです。

撥水加工にはどんな効果や特徴があるのか?

撥水加工とは生地の表面をフッ素やシリコンでコーティングし、水を弾くようにする加工のことです。レインコートによく使われている加工で、この加工を施した生地に水を落とすと水はころころとした玉状になり、生地の表面を転がるように滑り落ちていきます。撥水加工を施しても生地の表面の全てを塞いでしまうわけではないので、通気性が良く蒸れにくいという特徴があります。また、撥水加工は水を弾くだけではなく、汚れや汗、泥なども弾くという効果もあるため、衣類やバッグを綺麗な状態で長く使うことが出来ます。注意すべき特徴としては繰り返し使用したり洗濯をすると徐々に撥水の効果が薄れていくということです。使用や洗濯の時の摩擦で生地の表面に施されたコーティングがはがれてしまうためです。また、通気性が良い反面、強い雨に当たるなどすると、水が生地に染み込んでくることもあります。こういった場合には乾燥機で乾かしたり、当て布をした上でアイロンをかけたり、ドライヤーをあててみることをお勧めします。熱を与えると撥水性が復活すると言われているからです。ただし熱に弱い生地もあるので製品に付いている洗濯表示をよく確認してから行ってください。

このような注意点は存在しますが、撥水性や撥油性を高めることで、様々な商品を長く使い続けることができるようになります。現在ではそれらを簡単に付与できる商品が登場しています。撥水性や撥油性を付与させる商品は【株式会社フロロテクノロジー】で購入してみましょう。

新着情報

TOP