撥水加工と防止加工の特徴を知り用途によって使い分けよう

基板

似てるようで違う撥水と防水の違いや効果を紹介

光学レンズ

雨の日、水を避けたいと思った時に活躍するのが撥水や防水加工のレイングッズです。では撥水と防水は何が違うのでしょうか。今回はこの2つの違いや効果と特徴を紹介します。まず、撥水とは生地表面をコーティングすることで水を弾くことを表しています。コーティングによって撥水加工し、水を弾くことで水の侵入を防ぎます。通気性が保たれるので蒸れにくいというメリットがあります。スプレーなどで気軽に加工できるのも特徴の一つです。その一方、表面を加工しているだけなので撥水加工効果は使っているうちに薄れていくというデメリットもあります。そして次に防水ですが、防水は読んで字のごとく水を防ぐことです。こちらは撥水と違い、表面ではなく生地そのものを加工するので効果が薄れていく心配がないというメリットがあります。水の浸透は完全に防ぎますが、通気性が悪く蒸れやすいというデメリットがあります。レイングッズを選ぶ時にはこの撥水と防水の効果の違いをよく考えて選ぶと良いでしょう。また、空気を通しやすく蒸れにくい防水グッズもありますが、値段は高くなってしまいます。お財布とも相談して自分の仕事や生活環境、雨の中でどれくらいの期待を製品に抱いているかを考えましょう。自分には撥水で充分、防水まで必要かどうかを判断してレイングッズを選んでみてはいかがでしょうか。

新着情報

TOP