撥水加工と防止加工の特徴を知り用途によって使い分けよう

基板

衣類や靴にある防水加工と撥水加工の違い

水滴

衣類や靴に「撥水加工」や「防水加工」とタグがついていることがあります。撥水加工と防水加工の違いを知っているでしょうか。わかりやすく表現すると、撥水加工は水を弾きはしますが、完璧ではなく強い雨ですと浸透してしまうこともあります。一方の防水加工は水を弾き、浸透することはあまりありません。しっかりと水の浸透を防ぎたい場合は、防水加工の方が良いということになります。ただし、防水加工をすると水を全く通さないので、水蒸気も通さないということになります。ですので蒸れやすくなることがあります。その点、撥水加工では空気が通り抜けられるので、蒸れにくくなります。撥水加工と防水加工のメリットとデメリットを理解し、どういった場面で撥水もしくは防水の衣類や靴を使用するかをイメージして、どちらの機能がより必要であるかを考えることがポイントになります。撥水加工の衣類を自宅で洗ったり、クリーニングに出すと撥水性がなくなっているように感じることがあります。洗剤によって、撥水機能が低下してしまうからです。クリーニングに出す時に、撥水機能を維持してもらえるようなサービスを追加したり、そういったサービスをしているクリーニング店に出すと良いでしょう

新着情報

TOP