撥水加工と防止加工の特徴を知り用途によって使い分けよう

基板

撥水加工と防水加工の違いについて

水に濡れたディスク

衣服において撥水、防水加工が施されている製品がよくありますがその違いを知らない人は少なくありません。撥水加工とは衣服の表面に水を弾く撥水の加工を施すことです。撥水加工を施した衣服は水や油を弾きます。一方で空気や熱を通すため、通気性が良く、群れにくいという利点があります。防水加工は撥水加工とは全くの別物です。防水加工では衣服の繊維の間の隙間を塞いでしまうため、水の染み込みを防ぐことができます。繊維の隙間も塞いでいるため、空気や熱を通さず、蒸れやすい一面もあります。しかし、冬場では熱を内側に留めておく働きがあるので、撥水加工の衣服より温かいです。水を通さないため洗濯をするのが困難であり、その衣服を長期間着ることで匂いや服のくたびれが目立つようになるというデメリットもあります。一方で撥水加工にはもう一つメリットがあります。それは衣類の汚れやシミを防ぐという点です。撥水加工は水だけでなくワインやジュース、調味料などの衣服の汚れやシミを作る原因を弾くことができるため、サッと拭き取ったり、洗濯するだけですぐに汚れを落とし、シミになるのを防ぐことができます。そのため、結果的に大事な衣服を長く着ることができます。

新着情報

TOP